Columnコラム

コラム
七五三

きっと泣いて喜ぶと思います

先週撮影に来られた五歳の男の子、おじいさんやおばあさんともごいっしょに撮影する予定でした。しかし練習に来られたにもかかわらず、恥ずかしかったのか一人の写真も撮れませんでした。
それでウイークデーのお客様が居られない時間帯に、彼を連れて来てもらいました。お母さんと離れて一人にして撮影に臨みました。初めは大泣きしていましたが、着物に着替え、時間をかけて彼と遊びながら、なんとか笑顔を引き出すことが出来ました。おかあさんは用事があるので帰られたことになっていましたが、1Fロビーで心配しながら待ってられました。
3Fで撮影している様子を、社長がビデオ通話でお母さんにお見せしていたのですが、泣きながら見てられたそうです。
何時もの元気な彼の顔をたくさん撮影でき、着替えてニコニコ顔で1Fにおりて行くと、お母さんは感謝の言葉を何度もいってくださいました。
彼は小さいながら少し誇らしげな表情をしていました。
写真選びにお祖母様も来られるのですが、「きっと泣いて喜ぶと思います」とお母様は言い残して帰って行かれました。
今までも七五三の撮影をされたお子さんが、撮影後ステップアップしたと感じますというお話をお聞きすることがあったのですが、彼もきっとそうなることでしょう。